人材育成支援

日経プレビジネスパック

日本経済新聞をメインテキストとした内定者・新入社員研修プログラムです。

日本経済新聞をはじめとする様々な教材を通じて、経済知識やビジネスコミュニケーションの基礎的な力を養います。単なる知識の獲得にとどまらず、仕事に役立つ情報を効率的に収集し、それを活用する具体的な方法を習得することで、内定者・新入社員の即戦力レベルへのスキルアップを支援するプログラムです。

eラーニングで受講者の理解度をチェック

「日本経済新聞の読み方」講座のほか、社会人としての心構えからビジネスキーワードまでを網羅した「日経プレビジネスブック」、最新の紙面から出題した「週間ニューステスト」などをパソコン上で受講できます。 社員研修ご担当の方は受講者の学習の進捗状況や理解度をリアルタイムでチェックすることが可能です。

レポート添削 日経の北経験者が受講者のレポートを添削

受講者は新聞記事を参考に1000字程度の論文と記事要約を記入します。そのレポートに日経の記者経験者がコメントを記載してお戻しします。受講者の仕事への姿勢や考え方が把握できるのはもちろん、新聞記事を用いたレポート添削なので、考察力や論理性を見ることができます。

日経MPLOOK

メインの教材である日経MJ(流通新聞)を読むことで、消費者動向や企業戦略をつかむとともに、新製品やヒット商品の情報も得ることができます。研修効果を測定する「日経MJビジネステスト」をはじめ、日経オリジナルのコンテンツをご用意しました。 受講者のマーケティングスキルの向上をサポートします。

詳しくはこちら

日経就活サポート講座

大学生にとって就職は、人生を左右する大切な分岐点です。しかし実際にはビジネス社会についての情報・知識不足から、会社選びに苦労するケースが多く見られます。 当講座は日本経済新聞を活用して 経済・企業の実際の動きを知り、就職活動に役立てることを狙いとしたものです。講師となる日経の記者経験者らが用意する日経ならではのテキストを使って、分かりやすく解説します。

詳しくはこちら

多くの学生の就職先となる流通・サービス業界について、幅広い情報を掲載している日経MJをメイン教材にしたeラーニングです。日経の記者や記者経験者が新聞の読み方や主要な業界の動向を分かりやすく解説します。受講期間中、毎月、オリジナルのテストが受けられます。

大学 1、2年生の早い時期から日本経済新聞を教材として、生きた 「ビジネス」「経済」を学ぶことで、キャリアイメージを明確に持ってもらうことを狙いとしています。日経の記者経験者を中心とした講師が全15回の講座を通じて「ビジネスの現場はどう動いているのか」「生きた経済とはどんなものなのか」を分かりやすく解説します。※講座編成については別途ご相談させていただきます。

若手・中堅社員向け研修

若手・中堅社員を対象にした講座です。日本経済新聞や日経電子版の読み方・使い方を再確認して仕事に活用する講座のほか、社会人として恥ずかしくない「文章の書き方講座」、プロのアナウンサーが講師を務める「ビジネスに役立つ話し方講座」などを揃え、ニーズに応じて提供いたします。

社会人としての「文章の書き方講座」

報告書、提案書など社会人として書く文章の読み手は上司、同僚、取引先です。ルール無視、意味不明、誤字・脱字だらけでは書き手はもちろん、会社の信用に疑問符がつくことさえあります。ビジネス上のコミュニケーションを円滑にするための正確、簡潔で、分かりやすい文章を書くコツを、プロである記者経験者がていねいに伝授します。

「ビジネスに役立つ話し方講座」

コミュニケーションの基本となる会話。特にビジネスの場でのスムーズな会話は、社内の対人関係を円滑にするだけでなく、取引先に与える印象も左右するものです。話し方次第で、社会人としての評価が変わるといってもいいでしょう。この講座では、ビジネスシーンで実践できる話し方の基本をラジオNIKKEIのアナウンサーらが指南します。

日経TEST

日経TESTはビジネスの世界に入ろうとしている人々から、ビジネスの世界ですでに活躍中の方々まで、幅広い層を対象に、経済知力がどの程度備わっているかを測ります。特に若い方にとっては、次代のビジネスリーダーになるためのステップと位置づけられるテストです。

日経TEST 3つの特徴
1 「生きた経済」から問題を作成
 日本経済新聞社が取材・報道する最新ニュースなど、グローバルに動く「生きた経済」を題材に、問題を作成しています。
2 「経済知識」と「考える力」を測る
 ビジネス上の思考に必要な「知識」と知識を活用するための「考える力」(知力)を測定します。
3 組織全体の強みと弱み、傾向がわかる
 法人でお申し込みのご担当者様には「成績一覧表」を提供いたしますので、社員一人ひとりの強みと弱みが明らかになります。  また、「団体分析表」(オプション)では、全国平均や同業種平均と自社の平均を比較できます。
日経TESTでわかること
 日経TESTのスコア(経済知力スコア)は、5つの評価軸[基礎知識(B)、実践知識(K)、視野の広さ(S)、知識を知恵にする力(I)、知恵を活用する力(D)]を測るために作成した100問の解答結果から算出します。
 
 
 企業が団体で受験すれば社員の経済知力と知識の傾向がわかり、定期的に実施すれば社員の能力の伸びも把握できます。 個人で受験される方にとっては、ご自分の「ビジネスの基礎力」の証明となり、転職や就職活動の武器ともなります。
 
 
日経TEST の種類
1 法人でお申し込みの場合
 全国14都市の試験会場で一斉に行われる「全国一斉試験(団体受験)」、御社の会議室や研修所でも随時実施できる「企業・団体試験」があります。また、受験者の全員に出題した問題の正解および解説をご提供できる「日経TEST 研修ドリル」(50問・40分)があり、社員研修などにご活用いただけます。
2 個人でお申し込みの場合
 全国14都市の試験会場で一斉に行われる「全国一斉試験(個人受験)」、全国主要都市約140カ所のパソコン教室・専門学校に設置した、「テストセンター」のパソコンから受験できる「テストセンター試験」があります。
 
資料ダウンロード・お問い合わせ・お申し込み
日経TEST 企業向けパンフレットのダウンロード
 
 
日経TESTに関するお問い合わせ・お申し込み
 

日経ビジネススクール

日本経済新聞社が提供するビジネス教育・研修サービスです。 公開セミナー、オンライン講座(eラーニング)、企業向けカスタマイズサービスの 3つのスタイルで、日本経済新聞社が厳選した講師陣が、豊富な実務経験に裏打ちされた斬新で 質の高いプログラムを、職種別、階層別に様々な切り口で提供しています。

詳しくはこちら

日経読み方講座
多くのビジネスパーソンが読んでいる日本経済新聞は、社会人にとって必須の情報源といえます。この日経を題材として、新聞記事の基本構成を学びながら、ビジネスで活用するためにどう読みこなすべきかを分かりやすく説明します。

詳しくはこちら



日経電子版活用講座
新聞が持つ高い信頼性とデジタル技術の利便性をマッチさせた全く新しいメディアが登場。日経グループの豊富なコンテンツをパソコン、スマートフォン、タブレット端末などで 24時間いつでもご覧いただけます。あらゆるビジネスシーンに、またオフビジネスにも多彩な機能が力強くあなたをサポート。様々な活用法を分かりやすくお伝えします。 ※部署単位、支店単位などでもお受けいたします。詳しくはご相談ください。