日経MPホーム > 取り扱い商品・サービス > テクノロジー・ロードマップ2021-2030 自動車・エネルギー編

取り扱い商品・サービス

テクノロジー・ロードマップ2021-2030 自動車・エネルギー編

2030年、自動車・エネルギー産業はどう変わる。67のモビリティー関連重要技術の進化を予測

  • 詳細な説明はこちら     お申込み手続きへwidth=

世界の自動車産業はいま、「CASE」(コネクテッド化、自動運転化、サービス化、電動化)と呼ばれる巨大な変化の波に洗われています。パンデミックによってこの潮流は一層加速し、人の移動のあり方、物流、そして都市設計にまで激しい変化をもたらすでしょう。SDGsの浸透に伴い、再生可能エネルギー市場も急速に拡大しています。こうした変化をふまえ、本レポートは『テクノロジー・ロードマップ2018-2027自動車・エネルギー編』を全面刷新し、合成燃料、GaNパワー素子、ブロックチェーン、自動配送ロボット、空飛ぶクルマ、MaaS、次世代電力網、バイオマス・エネルギー、微生物発電など17の技術テーマを新たに取り上げました。自動車・エネルギー分野における67の重要テーマについて、これから10年の技術進化を予測します。

■発行:日経BP
■著者:出川 通、他46名 
■2020年11月27日発行
■仕様:A4判、334ページ
■書籍付属CD-ROM:本体に掲載されたロードマップを収録 
■【書籍】本体価格:450,000円+税
■【書籍とオンラインサービスセット】本体価格:675,000円+税