日経MPホーム > 取り扱い商品・サービス > 「望ましい未来」をつくる技術戦略

取り扱い商品・サービス

「望ましい未来」をつくる技術戦略

社会課題の解決に貢献する 有望技術 105

  • 詳細な説明はこちら     お申込み手続きへwidth=

――『望ましい未来』に貢献しない企業は淘汰される時代へ。社会課題解決を、“事業”として実現するための「未来シナリオ」と「有望技術」を提示します。
本レポートの特長は、事業戦略を現状の延長線上ではなく、「実現したい未来」を起点に「社会課題」を設定し、解決に貢献し得る「技術」を明らかにした上でシナリオを描く、というアプローチをとっている点にあります。企業が持続可能な発展を続けるには、社会課題の解決を自社のビジネスに組み込み、より良い未来につながる製品・サービスを開発することが重要です。

本レポートでは、2040年をターゲットに「12の望ましい未来」を描き、SDGsのどの目標が違成できるかも示しています。さらに社会課題の解決に貢献し得る、有望な105の技術を抽出し、技術解説や研究の動向を示したうえで、生み出す市場、その規模、市場化の課題を分析しています。事業戦略の再デザインにお役立ていただける1冊です。

■発行:日経BP
■著者:PwCコンサルティング
■2020年12月7日発行
■仕様:レポート:A4変形判、540ページ(予定)
■【書籍】本体価格:600,000円+税
■【書籍とオンラインサービスセット】本体価格:900,000円+税