1. トップページ
  2. サービス一覧
  3. 女性活躍サーベイ
  • 専門情報誌

女性活躍サーベイ

CGC改訂後、プライム市場を目指す 上場企業の実態と課題分析

お問い合わせ・
お申し込みはこちら

コーポレートガバナンス・コード改定後、プライム市場の新設で、待ったなし。
「D&I推進」と「情報開示戦略」の策定に必要な情報がここに

 世界の投資家は「女性活躍度」によって投資先企業を選別する時代になっています。日本では、2021年6月のコーポレートガバナンス・コード(CGC)改訂、22年4月のプライム市場新設により、大手企業を中心に女性活躍の本気度が問われています。人材育成を軽んじた結果の女性管理職比率の低さや、数合わせの社外女性取締役の登用など、投資家の厳しいチェックは免れません。
 本書では女性活躍の本質を明らかにし、企業がやるべきことの指針を示します。内容は大きく、(1)2021年企業の女性活用度調査 (2)上場企業全3823社の「女性取締役」人名録 (3)CGC改訂後の女性活躍展望・先進企業の統合報告書戦略事例 (4)キャリア女性の実態調査 の4部で構成。業種別の女性活用の違いや、女性の社内取締役比率の実態をつまびらかにします。一方で、独自調査と先進企業・有識者への徹底取材により、実態・課題をあぶり出し、女性活躍で成果を上げるための具体策を究明します。
 女性活躍でビジネスの成果を上げることは経営の責務です。自社で取り組むダイバーシティ推進の立ち位置を把握し、今後の強化策を練るためにも、本書は経営者・リーダークラス必見の1冊です。

POINT

  1. 大手105社・女性活用度調査
    2021年「女性活用度調査」参加企業105社の
    女性活用の成果と課題が分かる
  2. コーポレートガバナンス・コード改訂後の企業評価
    先進企業の統合報告書戦略を事例に学ぶ
  3. 上場企業3823社・女性取締役総覧
    3823社の女性取締役調査データから読み解く
    日本の上場企業の実相
  4. キャリア女性2482人意識調査
    「企業価値」と「人的資本」、現場が求める取り組みとは
発行 日経BP
編集 日経xwoman / 日経BP 総合研究所
発行日 2022年3月4日
仕様 A4版、372ページ
価格 【書籍】440,000円(税込み)
【書籍とオンラインサービスセット】660,000円(税込み)

お問い合わせ・
お申し込みはこちら

関連するサービス