1. トップページ
  2. サービス一覧
  3. テスラ「モデル3/モデルS」徹底分析【ECU編】
  • 専門情報誌

テスラ「モデル3/モデルS」徹底分析【ECU編】

50個以上におよぶECUを分解写真付きで解説

お問い合わせ・
お申し込みはこちら

分析したらここまでわかる!
ECUの機能・接続先・搭載IC・コストを徹底分析

電気自動車として専用設計されたテスラの「モデル3」「モデルS」のECU(電子制御ユニット)に焦点を当てて、50個以上に及ぶユニットを専門家が分解調査しました。テスラならではの大型ディスプレーをはじめ、自動運転を実現可能にするECUなどを徹底分析しています。全体概要をはじめ、ユニットごとに電装品単体としての機能やシステム内での役割、搭載場所、外観、分解画像、基板の電子部品情報、ブロック図、電子部品点数、推定原価などを、モデル3とモデルSのそれぞれについて掲載しています。また、両車両での違いについても調査しました。

特徴

  1. 電気自動車専用設計のECUの詳細が分かる
  2. モデル3の自動運転ユニットを徹底調査
  3. 集中制御の中央ディスプレーの機能を分析
  4. モデルSからモデル3のECUの進化が分かる
 
発行 日経BP
著者 フォーマルハウト・テクノ・ソリューションズ
監修 日経BP総研 クリーンテック ラボ、日経クロステック
発行日 2019年12月29日
仕様 A4判、620ページ
価格 書籍:1,320,000円(税込み)
【書籍とオンラインサービスのセット】1,980,000円(税込み)
※オンラインサービスでは、本レポートをオンラインで閲覧・検索できます。
出典情報付きで図表やテキスト情報をパワーポイントに出力できます。

お問い合わせ・
お申し込みはこちら

関連するサービス