1. トップページ
  2. サービス一覧
  3. 製造業DX 調査レポート
  • 専門情報誌

製造業DX 調査レポート

321社の展望・導入意向、 現場3000人が挙げる課題

お問い合わせ・
お申し込みはこちら

製造業DXの現状や課題、今後の方向を独自調査。
「ものづくり」が進む未来を提示します。

いまやDX(デジタルトランスフォーメーション)は、あらゆる産業を巻き込む大きなトレンドになりました。この中で、デジタル変革の機運がいち早く顕在化した製造業におけるDXは、大きな焦点の1つです。
 ところが変革の必要性を感じながら、そのビジョンやシナリオがなかなか描けないという企業は少なくありません。一方で先進的なDXのソリューションを揃えていながら製造業のユーザーにうまくアプローチできないというベンダーの声も多く聞こえます。この背景には大きな変革の局面を迎えて、関連する技術や考え方の枠組みが変わったことから、それぞれが従来の延長で業界の動向を捉えたり、ビジョンや戦略を描いたりすることが難しくなったことがあります。そこで調査と取材を基に製造業DXの現状や課題、今後の方向などを明らかにし、製造業DXにかかわる様々なプレーヤーが共有できる情報として提供するために、このレポートを企画しました。
 本書では最初に製造業321社から回収した調査結果を基に企業の動向や今後の方向を浮き彫りにしました。そのうえで、製造業に従事する個人3000人を対象にしたアンケート調査によって、企業の取り組みの実態と課題にまで踏み込みます。さらに日本の製造業を代表する自動車産業における先進企業の動向を分析し、DXがもたらす業界構造にまでおよぶ変革のシナリオに迫りました。最後に製造業DXを支援するソリューション・ベンダーを、ITやFAなど複数の分野からピックアップ。それぞれの考え方や強みなどを解説します。
 業界動向の分析はもとより、製造業DXがもたらす新たな機会を最大限に生かすために、本書を是非ご活用ください。

POINT

  1. 独自調査「DX戦略と投資意向」
    製造業321社、現場3000人に聞く実態と課題
  2. 製造業の未来シナリオを読む
    自動車産業に見るDXと産業構造変化
  3. DXベンダー主要16社の戦略レポート
    富士通、グーグル…各社のビジョンと次の戦略を徹底分析
発行 日経BP
編集 日経BP総合研究所 クリーンテックラボ、日経クロステック
発行日 2021年2月25日
仕様 A4判、326ページ
価格 【書籍】880,000円(税込み)
【書籍とオンラインサービスセット】1,078,000円(税込み)

お問い合わせ・
お申し込みはこちら

関連するサービス