1. トップページ
  2. サービス一覧
  3. テクノロジー・ロードマップ2020-2029 ICT融合新産業編
  • 専門情報誌

テクノロジー・ロードマップ2020-2029 ICT融合新産業編

ICTを活用し融合することで新たな価値を生む産業にフォーカス。その未来像と技術進化を予測する

お問い合わせ・
お申し込みはこちら

ICTがもたらす、各産業の技術進化を予測する

ICTを活用し融合することで新たな価値を生む農業、自動車、製造、医療・介護、小売り・マーケティング、金融、社会インフラ、教育、メディア、企業経営、生活など、各分野における技術進化を予測しました。特に、人工知能(AI)やIoTの活用論点を強化するとともに、基盤技術(ブロックチェーン、量子コンピュータなど)、製造、医療・介護、教育関連のテーマを拡充しています。予測に際しては「テクノロジー・ロードマップ」のコンセプトである「まず未来の市場ニーズを予測し、それを満たす機能や商品を推定、それを実現する手段=技術に落とし込む」手法を駆使しています。

POINT

  1. ICTを活用し融合することで新たな価値を生む産業にフォーカスし、各分野の技術進化を予測
  2. まず「市場ニーズ」を予測、それを満たす「商品機能」を定義、その機能を実現する「技術」を提示するというアプローチ法で作成
  3. 一つの技術テーマに関して、「2ページの解説記事と1枚のロードマップ」で簡潔明瞭に未来の市場の姿と技術の進化を提示
発行 日経BP
著者 緒方 真一、他70名
発行日 2020年3月10日
仕様 レポート:A4判、408ページ
CD-ROM:本体に掲載されたロードマップを収録
価格 【書籍】495,000円(税込み)
【書籍とオンラインサービスセット】742,500円+税

お問い合わせ・
お申し込みはこちら

関連するサービス