日経MP

日経プレビジネスパック(PBP)

ごあいさつ

「日経プレビジネスパック」について

内外の経済情勢は常にめまぐるしく変化しています。これからのビジネスは、こうした変化の兆しを敏感にキャッチできるかどうかが重要です。

日本経済新聞社では、内定者向け研修プログラム「日経プレビジネスパック」を企画いたしました。ビジネスツールとして「日本経済新聞」をより効果的に読みこなすスキルを身につけることで、内定者が入社までにビジネスチャンスに敏感な即戦力レベルにスキルアップすることを支援するプログラムです。

経済産業省が実施した「企業の『求める人材像』調査」では、「ほぼすべての企業が(中略)『社会人基礎力』を重視している」としています。同省は「社会人基礎力」を「『前に踏み出す力』『考え抜く力』『チームで働く力』といった、私たちが職場や地域社会で働く上で必要な力」と定義しており、「IT化やサービス経済化が進む中、こうした力はますます重視されてきて」いる、と分析しています。
※経済産業省HP「『社会人基礎力』について」より

入社前に、単に知識を吸収するのではなく、ビジネスコミュニケーションに必要な情報収集法を学び、仕事に対するモチベーションを高め、ビジネスに対する認識を深めておくことは、内定者と貴社にのちのち大きな果実をもたらすと確信しています。

主旨をご理解の上、内定者を入社時に即戦力として迎えるためのプログラムとしてご活用いただければ幸いです。

日本経済新聞社
日経メディアプロモーション株式会社

PBPとは

日経プレビジネスパック(PBP)とは、日本経済新聞をメインテキストとした内定者・新入社員研修プログラムです。

期間中に毎日届く日本経済新聞と、eラーニングや集合研修などを組み合わせることによって、社会人として不可欠な経済知識やビジネスコミュニケーションの基礎的な力を養います。仕事に役立つ情報を効率的に収集、活用する能力を高めることで、内定者・新入社員の即戦力化を支援します。

導入するメリット

  • 入社前のモチベーションを高め、ビジネスパーソンとしての基礎能力を養います。
  • 自ら情報を収集し、その情報を仕事に生かす能力を培います。
  • 「日経TEST経済常識版」の受験などにより、個々の達成度を把握できます。
  • 入社までの期間、内定者と人事ご担当者様との継続的なコミュニケーションをサポート します。

3つのビジネス力

受講生がPBPで身につける3つのビジネス力

PBPは新社会人に求められる能力として次の3つの力を養うことを目的としています。各教材を通じて、これらの能力が自然に身につくように配慮されています。

ビジネス基礎力

名刺交換の仕方、会社組織の仕組み、財務情報の読み方―社会人になったら、まずはこうした知識を身につけることが求められます。マナーから経済・ビジネスの基礎用語まで、ビジネスパーソンとして活躍していくための基本と経済知識を学びます。

ビジネス情報収集力

すべての企業は経済の大きな流れの中で動いています。円滑なビジネスコミュニケーションのためにも様々な情報を入手することが必要です。忙しいビジネスパーソンがどうやって質の高い情報を効率的に手に入れているのか? ビジネスの場で欠かせない情報収集能力を磨くノウハウを学びます。

ビジネス情報活用力

ビジネスパーソンは常に自分の仕事に結びつけながら、経済ニュースを読み解いています。どんなニュースに関心を持ち、そこから得た情報をどのようにビジネスに生かしているのか? ビジネス情報の活用術を学びます。

概要

「PBP」オリジナル教材の概要

  • ビジネス基礎力
  • ビジネス情報収集力
  • ビジネス情報活用力

3つの力を身につけるための教材をご用意しています。

メインテキスト「日本経済新聞」

ビジネス社会共通の情報源であり最強のコミュニケーションツールである「日本経済新聞」を研修期間中、毎日受講者にお届けします。eラーニングの「日本経済新聞読み方講座」と冊子「日本経済新聞パーフェクトガイド」で日経新聞を読みこなせるようになります。

ビジネス基礎力を身につける

知っておきたい会社の常識やビジネスマナー、経済の基本など社会人の必修知識を分かりやすくまとめた「日経プレビジネスブック(PBB)」。eラーニングと印刷版の両方で学べます。

ビジネス情報収集力を高める

「きょうのことば」を毎日「マイ日経ノート」にスクラップすれば、確実に経済知識を増やせます。最近のバックナンバーは冊子「きょうのことば」で確認。さらに興味のある記事を加えていくと、理解力の向上にも役立ちます。

ビジネス情報活用力を高める

「日経PBPメルマガ」(毎週水曜日配信)で、ニュースの読み方や押さえておきたいポイントが理解できます。また「日経読み方講座」などの集合研修やレポート添削(オプションプログラム)で、ビジネス情報活用力の向上をサポートします。

講師派遣

「日経読み方講座」「社会人としての文章の書き方講座」「ビジネスに役立つ話し方講座」のいずれかのテーマで講師を派遣します。 ※10名以上受講の場合

研修の成果を確認する

「日経TEST経済常識版」の受験で研修の効果を測定します。計2回のテストでビジネスパーソンとして必要な経済・金融・産業・政治・社会など各分野の理解度を確認できます。

eラーニング

日経プレビジネスパック(PBP)のプログラムをオンラインで学べます

日経プレビジネスブック(PBB)

知っておきたい社会の常識やビジネスマナー、経済の基本などを分かりやすくまとめた日経PBPオリジナルの最強テキストです。

「名刺交換ってどうやるの?」
「経常利益って何?」
「円高・円安って仕事にどう関係するの?」

など、さまざまなビジネスシーンですぐに生かせる情報が満載です。 さらに各Stepの復習テストもオンラインで受けられます。

日本経済新聞読み方講座

新聞を効率的に読むコツや経済ニュースの読み方のポイントなどを解説する動画コンテンツです。

日経の記事を読んでいかに「ビジネスの視点」を身につけるか?
ビジネスニュースの背景を読むためのお薦めのページはどれか?

すぐに役立つノウハウを、ベテランの専任講師が分かりやすい語り口で丁寧に解説します。日経を読んでいて疑問に思うことや、分からないことが出てきたら、ぜひこの講座で確認してください。

日経週間ニューステスト

日経が取り上げた最近1週間のニュースの中から、社会人としてぜひ知っておきたい話題を出題する日経PBP eラーニング独自のテストです。研修期間中、これを毎週受験することで、重要な記事を見落としていないか、ニュースのポイントを理解しているかを自分でチェックすることができます。

受講の進捗や結果をオンラインでいつでもチェックできます!

レポート添削

オプションプログラム

日経の記者経験者が受講者のレポートを添削

受講者は1つのテーマについて、新聞記事を参考に1000字程度の論文と記事の要約をまとめます。そのレポートに日経の記者経験者がコメントを記載してお戻しします。受講者の仕事への姿勢や考え方が把握できるのはもちろん、新聞記事を用いたレポート添削なので、考察力や論理性を見ることができます。

レポート作成の基本スキル

レポート添削受講者には、レポート作成の基本が学べる「日経プレビジネスパック『レポート作成の基本スキル』」を配布。

レポート記入用紙

赤ペン添削

総合評価シート

受講者の声

「PBP」受講者の声

PBPでビジネスへの関心が高まりましたか?

PBPはビジネス社会の基礎知識を得るのに役立ちましたか?

PBPのプログラムについて

  • 日本経済新聞を読む習慣が自然と身につき、ビジネスへの関心も生まれ、社会の動きを知りたいと思うようになりました。
  • 社会人として経済情勢について常に注意を払わなければという意識を持つようになりました。
  • いきなり新聞を読めと言われても何から手をつけてよいのか戸惑っていので、そのガイドとして大変有益であると思います。
  • PBPのテキスト ⇒ 日本経済新聞 ⇒ テストという流れによって、経済に対して、より一層の興味と知識を得ることができたと思います。

日本経済新聞について

  • 日ごろ、ネットを中心に社会の情報を見ていましたが、新聞からだと自分が興味を持たない情報も知ることができ、視野が広がりました。
  • 企業の業績のほか、業界全体のことが詳しく分かるので、仕事に生かす目的で主に企業面を読んでいます。
  • 他紙と違い、日経の情報が経済分野での知識を蓄えるのにとても有用だと感じました。
  • 初めのうちは記事が難しく感じましたが、語句を調べていくうちに理解が少しずつ深まり、面白くなってきました。

料金