日経MP

会社概要

日経グループのあらゆるコンテンツ商品を販売

日経メディアプロモーション株式会社(日経MP)は、日本経済新聞社グループの中核販売会社です。
日本経済新聞をはじめとする新聞4紙(日経産業新聞、日経MJ、日経ヴェリタス)、日本経済新聞電子版、日経テスト、日経ビジネスなど日経BPが発行する雑誌、日本経済新聞出版社の書籍等々、日経グループが提供する様々なコンテンツ商品・サービスを扱っています。
また、日経MPが独自に展開する研修事業では、大学生や企業内定者、若手・中堅ビジネスパーソン向けに新聞の読み方や情報の活かし方、ビジネスリポートの書き方など多彩なプログラムで仕事力アップのお手伝いをしています。

会社概要 -OUTLINE-

名 称 日経メディアプロモーション株式会社(略称:日経MP)
社 長 稲宮豊明
所在地

本社

東京都千代田区大手町一丁目3番7号

東日本本部

東京都千代田区内神田一丁目6番10号 笠原ビル
TEL:03-3233-8211(代) FAX:03-3233-8215

関西本部

大阪府大阪市中央区大手前一丁目2番15号 大手前センタービルディング
TEL:06-6946-4946

中部本部

愛知県名古屋市中区栄四丁目16番33号 日本経済新聞社名古屋支社内
TEL:052-252-8781

九州本部

福岡県福岡市博多区博多駅東二丁目16番1号 日本経済新聞社西部支社内
TEL:092-473-3370

各地営業所

札幌、仙台、新潟、京滋、兵庫、金沢、岡山、広島、四国

資本金 1,800万円(全額日本経済新聞社出資)
従業員 334名(2017年12月1日現在)
事業内容
  • 日本経済新聞、日経産業新聞、日経MJ、日経ヴェリタスなど、日経グループが提供する新聞や雑誌、出版物、サービスの販売、販売促進事業、知的財産権の取り扱い、集金代行業務
  • 英紙Financial Timesの販売促進及び読者管理
  • 新聞販売用品、販売促進用品などの販売
沿 革
  • 昭和37年-
    日本経済新聞社の販売促進部門として(株)日経セールスセンター創立。
  • 昭和58年-
    日経セールスセンターから新聞、出版物及び情報商品の販売業務を引き継ぎ日経総合販売(株)設立
  • 昭和59年-
    日経総合販売(株)より新聞の販売促進部門を分離独立、日経プレス販売(株)を設立。
  • 昭和63年-
    日経プレス販売(株)と日経販売開発(株)の2社体制を確立。
  • 平成8年-
    両社を合併し、日経販売開発(株)として新発足。
  • 平成21年4月-
    日経大阪販売開発(株)、日経名古屋販売開発(株)、日経西部販売開発(株)を吸収合併し、新会社「日経メディアプロモーション株式会社」を設立

営業エリアのご案内

営業エリアのご案内

業務内容 -INFORMATION-

弊社は創立以来、日経グループの一員として日本経済新聞を中心とする関連商品の販売促進業務を推進しています。

  1. <Analyzing>
    綿密な読者データを基盤とした日経読者創造
  2. <Consulting>
    社会状況に合致した情報提供や読者ニーズに対応した紙面解説による読者創造
  3. <Targeting>
    見込み顧客を絞り込み合理的な手法で日経読者創造

このような3つの「読者創造ACT(アクト)戦略」にもとづき「企業の人的資源活性化」「新入社員の早期戦力化」「大学生に対する社会人になるための教育」等の必要性を訴求した企画販売促進を展開。日経5紙の読者は順調に伸びつづけています。

日本経済新聞社の経済情報に対するニーズはますます高まっています。今後も企業研修を新入社員から中間管理職まで広げた企画提案や企業と地域をつなぐイベント企画など様々な提案を通じた販売活動を実践することによって「知的経済人」創りをすすめていきます。

さらに2009年、4つの地域販売会社を統合した新会社「日経メディアプロモーション株式会社」を設立しました。これにより、従来の手法に加えてネットを活用した読者創造や従来の営業方法にとらわれない多種多様な新聞営業展開、新聞以外の新規商品や事業の展開、読者管理やCSの追求など日経グループ全体のB to C営業拠点として地域をこえた業容拡大をめざしていきます。

組織図 -ORGANIZATION-

2015年3月25日現在

組織図は以下のPDFでご覧いただけます。

組織図PDFファイルをダウンロード